東京で日本語講師をするには

日本語講師になりたいと思ったことはありますか、日本語講師になるのと、国語の講師になるのでは違いがあります。

東京の日本語講師の情報はかなり役に立ちます。

国語の講師になるには日本の学校教育を受け、相応の学力と実力があればなれます。


勿論人間的に見て人格があり、教育者として相応しいことは言うまでもありません。他人に対する思い遣りや配慮があり、相手の立場にたって考えられる必要があります。
もしも貴方が日本語講師になりたいと思ったらそれだけではなく、外国の文化や歴史、考え方のちがいを受け入れた上で生徒の生まれ育った背景や環境を鑑みて、自国つまり日本の歴史や文化、習慣などを国レベルで十分伝えることが出来る能力が必要です。そのためにも普段から日本の事情だけでなく国際情勢に精通するよう、日々研究を続ける姿勢が大切です。



地方から東京へ行き、東京で教鞭をとるならまず貴方の日本語力を国レベルにしましょう。東京は首都圏ですから学ぶことは多いです。

その分、学ぶことも多いでしょう。

外国人も多いですし、友人を作る楽しみにも恵まれます。もしも貴方が日本語講師になると決めたら、積極的に外国人の友人を作りましょう。
友人を作るのはこの上ない楽しみです。



積極的にコミュニケーションを取りましょう。そして資質が足りないとしたら、日本語検定や国家試験を受けたり、大学の外国語学部に入るのも手段であります。
これからの日本、そして地球に明るい希望を灯すためにも、善き人間精神溢れる愛ある教育者になってください。

日本語教育の耳より情報

日本を観光で訪れる外国人旅行者が、年間に何千万人とも言われるほど増えてきました。さらに日本に居住する外国人も目立って増加してきております。...

more

日本語教育について情報

アニメや漫画を始め、日本に興味を持つ外国人が多くなっています。彼らの中にはもっと日本のことを知りたい、日本で働きたいと考える人もおり、日本語を勉強している人も。...

more

日本語教育の秘訣

近年、海外でビジネスをする企業や日本で働く外国人が増え、日本と海外の繋がりが強くなるなか、日本語を母国語としない人々に日本語を教える「日本語教師」が注目されつつあります。日本語教師には、小中学校の教員免許のような国家資格はなく、実は誰でもなることができます。...

more

日本語教育の納得の情報

日本語教育能力検定試験は公益財団法人日本国際教育支援協会(JEES)が実施する試験です。日本語の教育に携わる人を対象に、専門家としての知識が問われる試験となっています。...

more