東京で日本語講師として働くためには?

アニメや漫画を始め、日本に興味を持つ外国人が多くなっています。
彼らの中にはもっと日本のことを知りたい、日本で働きたいと考える人もおり、日本語を勉強している人も。
外国人を対象に日本語を教えるのが、日本語講師です。外国で活躍しているイメージが強いかもしれませんが、国内で日本語講師として働くことも可能です。

東京の日本語講師について知りたいならこのサイトです。

東京のように大都市であれば、学びたいと考えている外国人も多いため勤務する場は多いでしょう。

日本語講師に必要とされる資格はありませんが、日本語能力検定試験への合格や、日本語教師養成講座を決められた時間数クリアして修了することを条件としている場合があります。



相手が外国人であることから、彼らの国の文化や習慣への理解を深めておく必要もあるでしょう。


スムーズに授業を進めるには、お互いにきちんとコミュニケーションを取ることが大切です。



教える側が理解のある人だと分かれば、彼らの学習にも良い影響を与えます。
東京は外国人の数も多いので勤務する場も多いですが、正規雇用が多いとは限りません。全国的に非正規雇用が多く、東京も例外ではないので、正規雇用で働きたい人は最初が非正規であってもスキルアップを試みることをおすすめします。
他言語がネイティブレベルであれば、コミュニケーションが取りやすいので重宝される可能性が高いと考えられます。

日本の文化に詳しい人、教えることができるレベルの知識がある人など、人と差がつくように何かスキルを身につけておくとアピールポイントになるはずです。