バナー

iPhoneXの防水機能

iPhoneXは生活防水と呼ばれるレベルの防水機能を持っています。


生活防水は雨や水しぶき程度であれば本体にあたっても問題ないというレベルであり、水に水没させてしまったり、激しい雷雨などで長時間本体が雨にさらされる状態では浸水して故障の原因となります。
iPhoneXを自ら守るには一般的には防水ケースを利用します。

防水ケースは各社からさまざまなタイプが用意されており、もっとも単純な袋タイプでは浸水しない袋にiPhoneXを入れて利用するものであり、多少の水没には対応できると言われており、風呂でよく利用されるようです。


価格も千円程度と安いですが、耐久性はそれほど高く内容です。



アウトレジャーやすきーなどで利用できる防水キットも人気です。

袋タイプとは違ってケースの形状をしており、浸水しても大丈夫なものが多いです。

レジャーで使うので少々ごつく作られていることが多いですが、価格も数千円と手頃です。



また、耐衝撃性能を持つことが多く、落下にも強いことが多いです。
これらは普段利用するには難しいことが多いですが、普段利用しても違和感がない完全防備型の薄型ケースも多数販売されています。1万円前後とケースでは高めの設定が多いですが、数メートルの水没、衝撃にも強いケースが多く、中には軍事レベルをクリアしたケースまで販売されています。これらのケースは取り外しが大変であり、一度設定したら日常生活でも利用する場合が多く、デザイン性にもこだわった商品が多いですiPhoneXは丁度、ユーザーの手のひらの中に綺麗に収まるサイズです。

既存のタブレットやノートパソコンとは違い、片手で端末を握れます。
またタッチパネルが採用されているため、本体を片手でホールドしながら、もう一方の手でサクサク端末を操れます。
iPhoneXのタッチパネルの性能はとても高く、ユーザーの感覚的な操作にも正確に対応します。
指先の器用さに自信がない方でも簡単にネットサーフィンやゲームプレイが出来ますので、いわゆるガラパゴス携帯から最新のスマートフォンに乗り換えるメリットは大いにあるでしょう。iPhoneXは一般的なスマートフォンの中でも、ひと際人気がある製品です。



熱心なファンがいる事でも有名であり、毎回新機種が発表される際は、専門店に長座の行列が現れます。

ブランドイメージが先行するiPhoneXですが、特筆すべきは、その本体スペックの高さです。
平均的なノートパソコンやタブレット以上のCPUとメモリ数を誇り、ネットサーフィンや動画再生、高画質な写真撮影などもスムーズに進められます。

一般的なユーザーであれば、動作のカクツキを感じることは皆無でしょう。


OS自体の操作性も高く、パソコンに慣れていない初心者でもアイコンをタッチする事で、簡単にゲームやカメラの起動が可能です。

シェアが大きいiPhoneXであれば、ITに詳しい友達と同じ機種になる可能性大です。同じ機種にしておけば、いざ困りごとが出来た際も周囲の人々に簡単に相談出来るでしょう。