日本語教育能力検定の内容とは?

日本語教育能力検定試験は公益財団法人日本国際教育支援協会(JEES)が実施する試験です。
日本語の教育に携わる人を対象に、専門家としての知識が問われる試験となっています。
日本語教師を目指す人にとっては必須の試験であり、毎年多くの人が受験しています。
試験は3つのパートに分かれており、音声形式の問題以外はマークシートもしくは記述形式で出題されます。
試験?は90分間で、日本語教育の実践について基礎的な知識が問われる内容になっています。
また、試験?は30分で、基礎的な知識や問題解決能力について音声型式で問われ、試験?は120分で、日本度教師としての現場対応能力について問われる出題になっています。日本語教育能力検定は年齢や資格などは特に問われないので、誰でもチャレンジできます。合格率は例年22%から25%程度となっています。
決して高い合格率ではないのでしっかりとした受験勉強が必要です。
出題範囲が広いことと、リスニング問題があるのでそれに特化した勉強をすることが大事です。
1年に一回しか日本語教育能力検定試験は実施されません。

少なくとも半年前から準備をする必要があります。

日本語教育能力の検定について詳しく説明しています。

勉強方法としては、検定講座に通学するほか通信講座を利用する方法もあります。

過去問も発売されているので、繰り返し過去問を解くことも受験対策として有効です。



出題種類が添付された受験案内が市販されてます。



独学にしても通学にしても、合格するためには計画的な準備が必要です。